本文へスキップ

歯を削らない、痛くない、世界標準の審美歯科、スーパーエナメル!

スーパーエナメルへは登録商標です。お近くの認定歯科医院までお問合せ下さい。

お問合せはこちらから

歯と健康のお話しtalk about teeth and health

041 スマイルトレーニング(スマイル美人講座)

スマイル!
スマイルが綺麗な人は、とても魅力的です。
スマイルトレーニングって、意識して行ったことありますか?
子どもの笑顔って、とても可愛いでしょ?
え?  可愛くない子どももいる?可愛くない子ども、消極的に見える子ども、暗く見える子ども・・いますよね(^_^;)
よ〜く観察してみてください。
口が超おちょぼ口だったり、口の開き方が中途半端だったりしませんか?
大人だってそうです。
笑った時にちゃんと綺麗に歯が見えていると、とても素敵な笑顔に見えるのに!
そのためには、口角をグ〜〜っと上に引き上げる練習が必要です。
It is スマイルトレーニング!
私が行っている講座の生徒さんには、必ずスマイルトレーニングを行ってもらうのですが、最初は結構きつ〜〜イ!って、みなさんが悲鳴をあげられます。
口角を上唇の一番上の位置までグ〜〜っと引き上げて、その状態を2分間保つだけなんですけどね。。。。中には赤ちゃんの時から笑ってこなかったんじゃない?と思えるくらい口角が上に上がらない人もいます(>_<)特に歯並びに問題がある方は、そういう傾向が強いですね。

実は、お口の容量が狭いと歯はガタガタになってしまうので、笑顔が下手な人は、歯がガタになってしまうのです。
歯は1本1本バラバラに生えてきて、しかも1本1本バラバラに存在します。だから、ほっぺた側・唇側からの力と舌の動きが与える力の丁度バランスがとれているところに押されて並ぶのです。
特に歯の生え変わりの時期に歯槽骨(歯を支える骨)が出来上がりますから、この時期(小学校〜中学校)に、下を向いて食事をしていたり、勉強ばかりしていたり、本を読んでばかり、ストレスを感じ続ける、悩みを抱えている、シラケた環境で笑うのがバカバカしいと思ってしまう…・
そんなちょっと悲しい状態が恒常化すると、口角を引き上げる筋肉を日常で使うことは、ほとんどなくなりますから、歯並びは悪くなり、笑顔もだんだん魅力の乏しいものになってしまうのです(>_<)
特に、日本は単一民族で安心・安全・以心伝心の国だから、笑顔なんてほとんど重要じゃないでしょ?
子どもの頃にスマイルトレーニングなんて全くしなくてもいいでしょ?ぶっす〜〜っとブッチョウズラしてても、誰かが声かけてくれる心優しい国でしょう?だから、子どもはだんだん笑わなくなってしまうのではないのかな?あるいは、生真面目な国民性が災いしてる?もしかしたら、自信を保てずに育ってしまうから?
アメリカの研究にも、頭のいい人は歯並びが悪い傾向があるというものもありますし。。。。
とにかく、これからは、意識して子どもの頃からスマイルトレーニングを行っておくと社会的にも健康的にも幸せが訪れる!
そういうことを もっとよく知って育ってほしいですよね。
そうすると、歯医者は実はほとんど不要になるんですけどね。。。<
スマイル!スマイル!スマイル!
口角を上唇の一番上まで2分間引き上げてください!
そして、舌の位置を意識してみてください!
ほ〜〜ら、舌の奥(舌根部)もちゃんと上に挙がっているでしょう?
天然の舌トレですよ!
舌が低位に下がっていないとどれだけ健康にいいか!



アメーバブログ ドクターふなちゃん2012年2月25日より転載
前のお話し
次のお話し

関連のお話し