本文へスキップ

歯を削らない、痛くない、世界標準の審美歯科、スーパーエナメル!

スーパーエナメルへは登録商標です。お近くの認定歯科医院までお問合せ下さい。

お問合せはこちらから

歯と健康のお話しtalk about teeth and health

008 舌の位置。ひどい歯並びの予防法伝授。秘伝その1(その癖があなたの顔を悪くする)

舌。

あなたは、舌を見たことがありますか?
舌=巨大な筋肉の塊。
牛タン。豚タン。美味しいでしね?スライスで食べるでしょう?塊のままじゃ、巨大すぎるから。

それでは、あなたの舌は?
ここで、鏡を取り出してそ〜っと口を開けて舌の位置を観察してみてください。
舌はどこにありますか?
上顎にくっついてる?
下の歯の上にのっている?
下の歯の中に埋もれている?
それから、表面も観察しよう。
舌の縁に歯のデコボコが印記されていないかな?
舌の真ん中に溝がないかな?

歯医者で舌を観察してもらったことがある人はいますか?
舌の正しい位置の正解は、上顎にペッタリだ。
舌の表面には、溝も型もついていないのが正解。

なんでか?
それは、舌が上顎を押して正しい成長をさせているからだ。
舌が下にさがっていると、上顎は正常に成長しない。
舌が下の歯の中に埋まっていると、上顎が成長しないばかりか、下の歯や下顎が、下に〜下に〜、前に〜前に〜、っと、劣成長の上顎を乗り越えて、下顎前突(しゃくれ。受け口)に。。。
舌は、毎日毎日、唾を飲み込む度に、飲食の度に、話す度に、、、巨大な力で上顎をしっかり成長させる方向に押し続けていないといけない。
あなたの舌は、大丈夫?
あなたの横顔は、上顎がちゃんと成長して立体的な横顔?
扁平顔やしゃくれ顔じゃない?
それでは、あなたのお子さんは?
舌の位置に異常があったら、顎や顔が成長している間に、さっさと異常を治しておこう。
そのために、歯医者があるんじゃない。
そのために、舌の訓練法があるんじゃない。
そのために、トレーナーがあるんじゃない。
顔の成長止まってからやったって、遅すぎる


アメーバブログ ドクターふなちゃん2011年6月30日より転載
前のお話し
次のお話し