本文へスキップ

歯を削らない、痛くない、世界標準の審美歯科、スーパーエナメル!

スーパーエナメルへは登録商標です。お近くの認定歯科医院までお問合せ下さい。

お問合せはこちらから

歯と健康のお話しtalk about teeth and health

042 ペタン顔の恐怖。10歳までに良い顔(天然)作りが決まる。

ペタン顔!
残念ながら横顔美人(天然)は、数少ない!中下顔面の縦断面図をみれば、わかるのだが、それはほとんどが腔。
この腔を成長発育の段階で上手に形造っておかないと、後々怖ろしい結果がやってくる!<
つまり、ペタン顔だ!
どうしてペタン顔が怖ろしいのか?
それは、やっぱり容貌!
ペタン顔は、魅力が少ない。
残念ながら美の法則から、成長とともに外れていくので、成人して容貌を気にする頃に悩みを大きくしてしまう。
もう、有名になってしまったこの姉妹の写真(Samantha unable to keep shut her mouth)で検索してみて下さい(^_^;)7・8歳の頃は、同じような顔をしていたのに成長とともに運命が分かれっちゃった・・・・という・・・。この写真は誰が見ても下の娘のほうが綺麗と答えます。(当医院でも、実験済み。高齢の方から子どもまで誰に聞いても下のほうが綺麗と言います=残酷ですが)
ペタン顔は、悩みを深刻にしてしまいます(T_T)
顔とは、入れ物の形なんです。入れ物の形が整っていくか、いかないかは、内容物に左右されるのです。しかも、成長段階の内容物です。そして、成長発育期の時期的な問題です。生まれ落ちた時から、人の形は違いましょう?
まずは、頭!
この形は、内容物の大きさに左右されます。そして力のかかり方に(寝方・抱き方も大事です)も影響されます。脳・神経系の発育とともに少しずつ大きくなります。(とはいえ、昔昔にヨーロッパで流行った学説を支持しているわけではありません。)
その後、中顔面が発育します。
中顔面って、なんですか?
腔でしょ?
ほとんど空気でしょ?
空気をどこからどのように取り込むか、舌がどこにあるか?
力のバランスがどうなっているか?
そういうシンプルなことが、中顔面の発育を左右するのです。
中顔面は小学校の低学年までに、必ず前方に成長させておいてくださいね!
やっぱ、綺麗でしょ?
余裕を持たせましょう!
余裕があると永久歯の前歯が立ってくれます。
前歯が変な生え方をしてしまうと、いきなり不細工へまっしぐらです(T_T)

早めに手を打ちましょう!
(育成矯正をきちんとしてくれる歯科に相談へ)
中顔面の余裕を持った発育は大事です。
永久歯に結果が現れます。
中顔面の前方発育の鍵は、鼻呼吸です。
上顎の上は、空気の通り道です。
鼻道・副鼻腔これらをきちんと機能させることが大事です。
前へ前へ!ちゃんと発育させましょう!
鼻炎がある?花粉症?アデノイド肥大?
放置していてはダメです!
いびき?歯ぎしり?お口ぽかん?横向寝?
ほっとくと致命的です!
猫背?貧弱な身体?不良姿勢?呼吸が浅い?
イケませんね〜〜!
最後に、顎顔面の成長発育は下顎=下顔面が追っかけてきます。
身長が伸び止まるまで、ず〜〜っと伸びるのが、下顔面です!
ペタン顔だと、長〜〜イ顎になるか、長〜〜イ顔になるか、どっちかですよね?
猫背で肩こり、頭痛もち、いびきかきの人は、しんどさと代償に下顔面の成長を押し込めていますから、顔はほどほどで収まってくれますがね。。。。(健康には悪いですよね)
舌トレも大事だよ!


アメーバブログ ドクターふなちゃん2013年5月16日より転載
前のお話し
次のお話し

関連のお話し