本文へスキップ

歯を削らない、痛くない、世界標準の審美歯科、スーパーエナメル!

スーパーエナメルへは登録商標です。お近くの認定歯科医院までお問合せ下さい。

お問合せはこちらから

歯と健康のお話しtalk about teeth and health

007 歯並びは遺伝か?

「お父さんが受け口だから、この子も受け口になっちゃって。。」
「お母さんが、出っ歯だから、似ちゃったんだよ。」
「兄弟、歯がガタガタで。」
なんて、話しをよくききます。

たしかに、歯並びは遺伝します。とくに、骨格性の不正咬合といって、上下の顎のバランスの悪さがある場合の不正咬合は、遺伝が原因の場合が多い。
しかし、遺伝だけが原因かというと、それは違います。

さてここに東大教育学部附属教育学校(中高一貫校)の生徒のうち、37組の一卵性双生児の集合写真がありますNewton別冊に掲載された写真)。さすがに、東大!日本一の研究機関は、入学定員に「双生児枠」をもうけて、教育研究を日夜行っている。そこで、まったく同じ遺伝子を持っている一卵性双生児の顔を 一部ピックアップしてみると、37組のうち、結構歯並びはばらばらだ。顔全体から受けるイメージはよく似ているが、歯並びには大きなばらつきがあります。下顔面の形成、とくに歯並びには、環境因子が大きく関係しているようです。出生後に、80%が作られる下顔面を、よくするのも、悪くするのも使い方次第。

早目の機能障害の改善と、適切な指導育成がよい顔、よい歯並びになるためには、とても大切だということがわかります。
顔の骨が固定する前の成長期にきちんとよい指導をうけて、よい顔・よい歯並びをGETしよう!

みなさんも、子どもの時からよい歯医者さんを探し出してさっさと、安い金額で、よい顔・よい歯並びをGETしてね!

アメーバブログ ドクターふなちゃん2011年6月29日より転載
前のお話し
次のお話し

関連のお話し