本文へスキップ

歯を削らない、痛くない、世界標準の審美歯科、スーパーエナメル!

スーパーエナメルへは登録商標です。お近くの認定歯科医院までお問合せ下さい。

お問合せはこちらから

歯と健康のお話しtalk about teeth and health

013 いびき撃退するなら、身体から治そう!

まず、簡単な方法から。
@ 唇を鍛えよう!
  唇の力は、大人で2.5Kg以上。
  小学6年で2Kg以上。
  ところが、唇の力が弱い人が多い。
  ポカンと口が開く。
  もっとも、歯科では、唇の力とあそこの力には関連性があるともいわれている。
  あそことは、おしも。
  尿失禁や ゆるゆるの方も、唇を鍛えよう!

A 舌の力を鍛えよう!
  舌の力がないと、変な顔になる。
  二重顎、下顎前突、開口。。。。。。
  いびき撃退にも
  舌力が必要。
  まず、正しい舌の位置をマスターして、
  それをキープできる力をつけよう!
  舌は、上顎にペタリとついているのが正解。
  下がっているとダメ!!!

最初は、難しいかもしれないが、ガム法やMFTなど専用のトレーニング法を
使ってもいいが、意識し続けるとだんだんできるようになる。このポジションを24時間続ける!
良い顔になるし、いびきも撃退できる!!

つまり、唇と舌のダブルシーリング(2重閉鎖)で、口呼吸は完全ブロック!
いびきは、撃退!!!
このダブルシーリングをマスターできた人は、体調もすこぶる改善。
熟睡でき、居眠り、倦怠感、ぼんやり感、オネショとおさらば。
鬱病、更年期症、過敏症、精神不安定とさよなら。
アレルギー、花粉症、アトピー、喘息、リウマチ、SLEなども軽減。
もちろん、口腔乾燥症、前歯の着色・虫歯、口唇炎、口臭も治る。
いいことだらけ。
つまり、いかに口呼吸が身体に悪いかがわかる。
ただし、舌を上顎に機能的につけれない人もいる。
そんな時は、歯医者に相談に来てくれ。
歯並びが悪いのか、舌小帯が悪いのか、舌が悪いのか。
ちゃ〜んと診断して、必ず治してあげるからな。

自分で筋トレできない人には、T4Kや、I−2や、ムーシールドといったトレーナーを併用して、歯並びも勝手に治りながら舌も上がる装置があるからな。

もちろん、強制的にいびきを封じ込める装置もある。には、あるが。
身体から治した方が一生ものだからな。

アメーバブログ ドクターふなちゃん2011年7月6日より転載
前のお話し
次のお話し

関連のお話し