本文へスキップ

歯を削らない、痛くない、世界標準の審美歯科、スーパーエナメル!

スーパーエナメルへは登録商標です。お近くの認定歯科医院までお問合せ下さい。

お問合せはこちらから

歯と健康のお話しtalk about teeth and health

020 よい口元に育つための食事法

唇の形が上下左右対称で、唇の境がくっきりしていて
上の唇には2つの山がある。キューピットボウ:天使の弓と言います。
唇につやがあり、カサカサしたり、ひび割れたりしていないことも大切な要件になります。
さて、このような唇に進化する過程を見てみましょう。
一番大きな鍵は食事です。
赤ちゃんの時の唇(左端)から、順調に育てば、2歳半で少し富士型になり、乳歯が生えそろってしばらくたった3歳半で少しずつ引き締まりはじめ、5歳で綺麗に引き締まってこなければいけません。お子さんが順調に育っていると小学校1年でよい口元になっているものです。ところが、虫歯が多かったり、鼻が悪かったり、アデノイドや口蓋扁桃が腫れていたり。。。といった障害があると、唇は締りが悪いまま固定され、おかしな口元になってしまいます。
こうなると、成長するにつれ機能異常の度合いが激しくなってきますから、正常な歯並びや顔つきからはどんどん遠ざかっていってしまいます。やっぱり、幼稚園や保育園の時が一番の分かれ道ではないでしょうか?
さて、あなたのお子さんは、食事中、正しくお食事ができていますか?
スプーンでものを食べる時(学校給食は先割れスプーンがまだ多いですよね?)

どんな格好で毎日食事をお口に運んでいますか?

  • ● 顔を前にもっていこうとする。
  • ● 舌を出して、舌で取ろうとする。

まさか。こんな食べ方をしているのに見逃して注意もしない親になっていませんよね?
他には、

  • ●口いっぱいに頬張る。
  • ●口の中にため込む。
  • ●固いものをかまない。
  • ●かまないで飲み込む。
  • ●吸うように食べる。
  • ●飲み込む時に口の周りに緊張が走る。(正常な嚥下では、オトガイや口の周りにシワや梅干しができることはありません)
  • ●下口唇をかみこんで食べる。
  • ●片側だけで食べている。
  • ●べちゃべちゃ・くちゃくちゃ音がする。
  • ●食べる時に舌が出る。
  • ●口元を汚す。
  • ●かむ回数が少ない。
  • ●パクパク上下にかむだけで、すりつぶす動きをしない。(発達年齢によってはできない時もあります)

こんな時は、要注意です。
きれいな口元に育っていかない可能性が大です。
正しい食事の仕方なども歯科で指導してもらえるところもありますから、ご相談下さい。
もちろん、Drふなちゃんの歯科医院はちゃんとご指導と専用のMFTメニューを組んでいますからご安心ください。
親の関心の高さが子どもの将来を決めていきます。
心配なことがあれば、一人で抱え込まず、
信頼のおける専門家を上手に使って下さいね。

アメーバブログ ドクターふなちゃん2011年9月4日より転載
前のお話し
次のお話し

関連のお話し