本文へスキップ

歯を削らない、痛くない、世界標準の審美歯科、スーパーエナメル!

スーパーエナメルへは登録商標です。お近くの認定歯科医院までお問合せ下さい。

お問合せはこちらから

スーパーエナメル症例superenamel clinical cases

虫歯もない、歯並びも、修復物も大きな問題はない方の求める高い審美性に応える症例

高い審美性の症例術前"" 高い審美性の症例術後""

均整のとれたのとれたカッコイイナイスガイです!
こういうカッコイイ方、今は当医院に結構多く来られます(*^_^*)
でも、歯にコンプレックスをお持ちだったみたいです。
で、虫歯もない、修復物もさほどヒドイものが入っていない、歯並びもそれほど悪くない、バランスがそこそことれている、このような人がより高い審美性を望まれた場合、普通の歯科医院は、まずホワイトニングをお勧めすることになるでしょうね。
まずは、ホワイトニングをしま〜す。
年齢相応に色が暗い歯でしたが、当医院のスーパーポリリン酸ホワイトニングをされると(椅子に寝てもらい、薬液をつけて8分、5分、5分、特殊な光を当てるということを2クールくらいします)
シェードが思いっきり上がりましたね!
かなり真っ白になってます。(もともと上の歯は縞模様があったので縞は2クールでは消えないです。新たな白濁はなく逆に艶が出てくる歯を強くするポリリン酸ホワイトニングです。)
次に、モックアップという作業をして、
実際に、e.max thinべニアを貼ったら、どんな感じになるのか、シリコンパテと3Mの自費用即時重合用レジンを用いて、お口の中に再現してアアでもない〜、こうでもない〜、こうして欲しい〜、ああして欲しい〜と、出来上がりのスマイルのイメージを事前に共有しておいてラボ(技工士さん)に資料として渡します。
この作業を省くと、患者さんのイメージと違っている結果になった時にトラブルになる可能性がありますし、満足度が低い治療になってしまいます。
自費専門の審美歯科医院でもこれを省いてしまったり、写真や画像加工で代用してしまうところがありますが、歯を削らない審美歯科治療の場合は、画像では可能でも実際にはできないことがたくさんありますから、実際にお口の中に再現してもらったほうがよいでしょう。
当医院では、この作業を省かないことをお勧めしています。
例えば、こんな風に歯にクラックや着色が強くあっても、スーパーポリリンホワイトニングでは、ここまで、(2クール程度で)できます。
症例の紳士ですが、真っ白な歯になってさらにさわやかなイケメン紳士にパワーアップ!!

※ e.max thinべニア、歯を削らずに貼るだけのベニアを、ダイレクトベニアと呼んでいる歯科医院もあります。

アメーバブログ ドクターふなちゃん 2013年10月10日より転載

スーパーエナメル症例集 ON YOU-TUBE